代表的な楽器



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



竜笛(りゅうてき)

竹製の横笛。
音色が「舞い立ち昇る龍の鳴き声」とたとえられ、
この名前がつきました。雅楽で使われます。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



篳篥(ひちりき)

竹製のたて笛。
約18センチほどの小さな笛ですが大きな音がでます。
雅楽で使われます。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



笙(しょう)

竹と木でできた和音をふくための笛。
息を吸ったりはいたりして音を出します。
雅楽で使われます。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



箏(こと)

奈良時代に中国から入ってきた弦楽器です。
桐(きり)でできていて、13本の弦がはってあります。
指に演奏用のツメをつけて引きます。 雅楽で使われる楽器です。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



琵琶(びわ)

たまご型をした弦楽器で、三角形の撥(ばち)で弦をはじいて演奏します。
インドやイランなどアジア大陸から伝わったといわれています。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



太鼓(たいこ)

両手に撥(ばち)を持ち打って鳴らします。雅楽で使われます。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



鞨鼓(かっこ)

打楽器。細長い桴(ばち)で打って鳴らします。
雅楽で使われる楽器です。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



鉦鼓(しょうこ)

打楽器。金属でできた皿型(さらがた)を、桴(ばち)で打って鳴らします。
雅楽で使われる楽器です。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



鼓(つつみ)

打楽器。皮がはってあり、手で打って鳴らします。
能(のう)、歌舞伎(かぶき)などで使われます。
大きさによって小鼓(こづつみ)・大鼓(おおづつみ)に分けられます。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



尺八(しゃくはち)

竹でできた縦笛。
長さが一尺八寸(いっしゃくはっすん→約54.5センチ)の大きな笛です。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



三味線(しゃみせん)

3本の弦がある楽器です。
三味線音楽、浄瑠璃(じょうるり)などで使用する楽器です。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Copyright (c) 2006 日本の音楽について知ろう All rights reserved